▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校英文法「文型の要点まとめ」

高校準備ということで、春休みまでに最低限、習得しておきたい1つが、英語の文型です。

スポンサーリンク

文型の5種類

文型は、英文法の柱になります。形は、5つ。全ての文は、その5つの文型のいずれかになるわけですから、その語順さえつかんでしまえば、文の大意はつかめますし、スラッシュリーディングやフォトリーディングするにせよ、5文型をしっかりおさえておくことで、それのリーディング手法が生きるというものです。

第1文型

主語+動詞のカタチをとる文です。第1文型の動詞は、完全自動詞と言って、後に補語、目的語を取らないことがポイントです。以下にまとめていますので、参照ください。

(1)He came to Japan last year.彼は去年、日本に来た。
(2)There is a pen on the table.テ-ブルの上にペンがある。

(1)のような例文において、修飾語と目的語、修飾語と補語を混同しないように気をつけましょう。

以下のようなものは、修飾語ですので、目的語にはなりません。

  • 前置詞句 – on the table, at school, in June, of the team など
  • 時・場所を表す副詞 – then, yesterday, last night, there, hereなど
  • 頻度を表す副詞 – always, usually, sometimes など

(2)のような例文のThere is 構文は、1文型となります。

第2文型

ポイントは、主語と補語の関係は、イコール(=)であるということ。補語は、主語(名詞)を修飾、説明しているので、名詞や形容詞が多いです。

また、動詞は、be動詞、look(~に見える)appear(~に見える)といった「~であるという状態を表す動詞」、become(~になる)といった「~になるを表す動詞」、smell(~の匂いがする)、feel(~の感じがする)、taste(~の味がする)など「感覚を表す動詞」がきます。※一番最後に詳しくまとめています。

(1)She became a teacher ten years ago.彼女は、10年前、先生になった。 (she = a teacher)
(2)The girl looks very pretty.少女は、とてもかわいく見える。(The girl = pretty)

覚えておくべきこと<第2文型になりうる動詞

  • sound + C (Cに聞こえる)
  • remain, keep + C (Cのままである)
  • become, grow + C (Cになる)
  • seem, appear + C (Cのようにみえる)
  • taste + C (Cの味がする)
  • prove, turn out + C (Cと判明する)
  • smell + C (Cの匂いがする)
  • feel + C (Cと感じる) など

第3文型

主語+動詞+目的語の順。目的語は、前置詞を伴わないので注意が必要です。

(1)I have visited Kyoto three times.私は、3回、京都を訪れたことがある。
(2)My sister plays the guitar in her room.彼女は部屋でギターを弾く。

第3文型の目的語は、S ≠ O の関係にあり、名詞か名詞相当の句・節です。大抵、「~を」と訳すことができ、「他動詞」につづき、「動作の対象」を表すものなのです。

第2文型との見分け方
そもそも、補語と目的語の違いを理解していれば済むことですが、主語との関係が「=」であるかないかも見分け方の1つになります。

  • She plays tennis. (3文型)
  • She looks happy.(2文型)
  • She is in the room. (1文型)

それぞれの見極めができると大丈夫です。

第4文型

(1)He gave me a book.彼は、私に本をあげた。
(2)He teaches us English.彼は、私たちに英語を教えた。

第4文型から第3文型の書き換え
第4文型から、第3文型の書き換えは、必須です。さきほどのそれぞれの例文を第3文型にしてみます。

(1)He gave a book to me .
(2)He teaches English to us .

今回は、どちらも「to+人」でしたが、「for、of」になるときもあるので注意。
(1)to がくる動詞… tell, give, show, teach, send,など
(2)for がくる動詞… buy, make, find, get, choose, cook,など
(3)of がくる動詞… askのみ

ポイント
  • toを用いるときは、相手がいて成り立つ動詞。(例)teachは、相手がいないと教えられません。
  • forを用いるときは、1人でも成立する動詞。(例)buyは、1人でもできる行為。

第5文型

(1)They named the dog Po.彼らは、その犬をポと名付けた。(the dog = Po)
(2)I found him honesty.私は、彼が正直だとわかった。(him = honesty)

O(目的語)とC(補語)の間には、主語-述語の関係であるとも言えます。

5文型を作る代表的な動詞

  • find + O + C(OがCだとわかる)
  • make + O + C(OをCにする)
  • leave + O + C(OをCのままにしておく)
  • think + O + C(OをCと思う)
  • keep + O + C(OをCにしておく)
  • believe +O + C (OをCと思う)
  • call + O + C (OをCと呼ぶ)
  • name + O + C(OをCと名づける)

など

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
英語
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました