▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学歴史「江戸時代の産業(農業/漁業/交通/金融)の要点まとめ」

スポンサーリンク

中学歴史「江戸時代の産業(農業/漁業/交通/金融)の要点まとめ」です。

スポンサーリンク

江戸時代の経済の発展

江戸時代の農業

箱根用水や見沼代用水の整備、新田開発によって、耕地面積が2倍近くに拡大してます。農具の改良が進み、深耕用の備中ぐわ、脱穀用の千歯ごき、選別用の千石どおし、灌漑の踏車などが考案されました。

また、肥料も、商品作物栽培において、干鰯、油粕などの金肥が使用されました。

新しい栽培技術や農業知識を説いた農書も著され、宮崎安貞の「農業全書」や大蔵永常の「農具便利論」「広益国産考」を世に出されました。

江戸時代の漁業

鰯・鰊は、干鰯や〆粕などに加工され、商品作物栽培の金肥として流通。いりこ、ふかひれなどを詰めた俵物は、銅に代わって、長崎貿易における中国(清)への主要輸出品となりました。

また、瀬戸内海沿岸の入浜塩田による製塩業も発達しました。

江戸時代の交通

江戸日本橋を起点とする幕府直轄の主要幹線道路を総称して五街道といい、宿駅がおこあれ、一里塚という路程評、「入鉄砲に出女」を取り締まる関所が設けられました。

海上運輸では、南海路に菱垣廻船、樽廻船が運航し、17世紀後半には、川村瑞賢によって、東廻り・西廻り海運が整備されました。

江戸時代の金融

江戸・大坂・京都を三都と呼び、「将軍のお膝元」である江戸は政治都市として発達し、18世紀前半には、人口100万人を超えました。商業都市である大坂は、諸藩の年貢米や特産物を保管する蔵屋敷が軒を並べ、京都は、文化・宗教都市としての特色がありました。

  • 本両替…貨幣の両替、幕府などの公金出納、為替を営む商人。
  • 札差…旗本・御家人にかわって禄米を受領し、売却を請け負った商人。
  • 蔵元…蔵屋敷へ運ばれた年貢米や特産物の取引にたずさわる商人。
  • 掛屋…代金などの出納にあたった商人。
YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました