▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学理科「塩化水素の性質・発生方法・判別方法」

中学理科「塩化水素の性質・発生方法・判別方法」です。

スポンサーリンク

塩化水素

塩化水素は、火山ガス中にも存在する。塩酸は塩化水素の水溶液である。胃液もうすい塩酸である。

塩化水素のつくり方

塩化水素は、食塩と濃硫酸の反応、塩素と水素の合成による方法があります。

  • 食塩(塩化ナトリウム)に濃硫酸を加えてゆるやかに加熱する。
  • 濃塩酸に濃硫酸を滴下する。

などで生成する。食塩(塩化ナトリウム)に濃硫酸を加えるときの化学反応式

  • NaCl + H2SO4 → NaHSO4 + HCl
  • 塩化ナトリムム + 塩化水素 → 硫酸ナトリウム + 塩化水素

塩化水素の性質

  • 刺激臭のある無色の気体
  • きわめて(よく)水にとけやすい (1Lの水に20°C・1気圧で442Lとける)。
  • 空気中で発煙する。

塩化水素の判別方法

  • 特有の刺激臭。
  • アンモニアNH3と反応して、塩化アンモニウムNH4Clの白い煙を生じる。
  • 塩化水素の水溶液(塩酸)に硝酸銀AgNO3の水溶液を加えると、白い塩化銀AgClが沈殿する。HCl + AgNO3 → AgCl + HNO3

塩化水素の用途

化学調味料・しょうゆ・染料・医薬・合成ゴムなどの原料としてきわめて用途が多い。

そのほか酸性の水溶液

酸性の水溶液は、名称に「〇〇酸」とつく場合が多いです。また、なめると酸っぱかったり、シュワシュワとする性質があります。

 酸性の水溶液溶質(溶けているもの) その他覚えること
塩酸塩化水素(気体) 刺激臭
硫酸硫酸(液体)
炭酸二酸化炭素(気体)
雨水二酸化炭素など
レモン汁(クエン酸)クエン酸
YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました