▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試よく出る変化の割合の対策問題

高校入試よく出る変化の割合の対策問題です。

スポンサーリンク

よく出る変化の割合の対策問題

①1次関数
1次関数y=2x+5について次の問いに答えよ。
(1)xの値が-2から3まで増加するとき、変化の割合を求めよ。

(2)xの増加量が3のとき、yの増加量を求めよ。

②2次関数
問1 2次関数y=2x2について、次の問いに答えよ。
(1)xの値がー2から3まで増加するとき、変化の割合を求めよ。

(2)xの値が2から5だけ増加するとき、変化の割合を求めよ。

(3)xの値が-2から3まで増加するとき、yの増加量を求めよ。

問2 2次関数y=ax2でxの値が-4から6まで増加する時、変化の割合が-16であった。aの値を求めよ。

問3 xの値が-4から6まで増加する時、y=ax2、y=2x+5の変化の割合は等しい。aの値を求めよ。

よく出る変化の割合の対策問題

①1次関数
(1)2

1次関数の場合、傾きが、変化の割合を表すので、傾き=変化の割合となる。

(2)6

yの増加量=変化の割合×xの増加量となる。

②2次関数
問1
(1)2

2次関数の変化の割合は、y=ax2のとxがmからnまで増加するとき、a×(m+n)で求めるので、2×(-2+3)=2となる

(2)18

2から5だけ増加する=2から7まで増加するということだから、2×(2+7)=18となる。

(3)10

yの増加量=変化の割合×xの増加量となる。2×5=10

問2 -8

問3 1

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
数学
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました