▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

【宮崎県】高校入試(数学)連立方程式文章題対策

【宮崎県】高校入試(数学)連立方程式文章題対策です。

スポンサーリンク

高校入試(数学)連立方程式文章題対策問題(3)

あるデパートの駐車料金は、次のようになっている。

①最初の1時間以内は200円である。
②駐車時間が1時間を越えるごとに100円追加される。
③2000円以上のレシート(領収書)を提示すれば、最初の1時間以内の料金(200円)は無料になる。

例えば、駐車時間が1時間45分では駐車料金は300円だが、2000円以上のレシートを提示すれば駐車料金は100円になる。ある日、この駐車場を2時間以内で利用した自動車60台について調べたら、下の図のようになった。表に示したすべての自動車の駐車料金を合計すると、6500円であった。
料金表

x、yについて連立方程式をつくり、x、yの値を求めよ。ただし、求めるまでの過程も解答欄に書くこと。

高校入試(数学)連立方程式文章題対策問題(3)の解答

自動車の台数と駐車料金それぞれ等式を連立方程式を解いてく。
ポイントは、条件によって駐車料金が変わるので、条件を整理しながら、料金を出していきましょう。

1つめの式は(自動車の台数)
料金問題1

2つめの式は(駐車料金)
料金問題解説2

(19+x)+(12+y)=60…① 自動車台数
100x+300y+2400=6500…② 駐車料金

これを解くと、
x=23 y=6

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
数学
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました