▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学理科「ハッブルの法則」

中学理科「ハッブルの法則」です。

スポンサーリンク

ハッブルの法則

1929年、ハップル(アメリカの天文学者)はさまざまな観測結果をもとにして、「遠い銀河ほど高速度で遠ざかっている」ことを発見した。その関係が、ハッブルの法則です。

326万光年(1メガパーセク)離れる ごとに、50~100km/sの割合で遠ざかる速度がはやくなっていく。銀河までの距離(r)、後退速度(v) とすると、v=H×rと表せる。このHの値をハッブル定数という。

ハッブル宇宙望遠鏡

地表から、高度約600kmの軌道を約97分(時速約3万km)で地球を1周する。口径2.4mの反射望遠鏡をもち、大気の影響を受けないため、鮮明な画像を得ることができる。1990年にスペースシャトルで打ち上げられた。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました