▶YouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学公民「地方自治のしくみに関する重要用語チェック問題」

スポンサーリンク

中学公民「地方自治のしくみに関する重要用語チェック問題」です。

スポンサーリンク

地方自治のしくみに関する重要用語チェック問題

次の問いに答えなさい。

(1)住民が、身近な問題を解決することを通じて、民主主義のにない手としての能力を形成できることから、地方自治は、民主主義の何とよばれるか。

(2) 国から地方公共団体に仕事や権限を移すことを何というか。

(3) 地方議会が、法律の範囲内で定めた、その地方公共団体にのみ適用されるきまりを何というか。

(4) 地方議会議員の被選挙権は何歳以上の者にあたえられるか。

(5) 都道府県知事の被選挙権は何歳以上の者にあたえられるか。

(6) 都道府県知事や市(区) 町村長など、地方自治の行政を行う最高責任者をまとめて何というか。

(7)市 (区) 町村長の被選挙権は何歳以上の者にあたえられるか。

(8) 地方自治において、住民に認められている、条例の制定・改廃や議会の解散などを求める権利をまとめて何というか。

(9) 地方公共団体の住民が、地方議会の解散を請求する場合、有権者のいくつ以上の署名数を集めなければならないか。

(10) 地方公共団体の住民が署名を集めて、地方議会の解散を請求する場合,その請求先の行政機関はどこか。

(11) 地方財政の歳入のうち、自主財源となる、住民税や事業税などの税金を何というか。

(12) 地方公共団体間の財政格差を少なくするため、国から配分されるお金を何というか。

(13) 地方公共団体が、地域の重要問題について、住民の賛否を問うために、条例を定めて実施する投票を何というか。

(14) 住民の苦情を受けて、地方公共団体の行政を監視・調査し、地方公共団体に勧告を行う制度を何というか。

(15) 環境対策や町おこし利益目的でなく、社会の利益のために村おこしなど、活動する非営利組織の略称をアルファベットで何というか。

地方自治のしくみに関する重要用語チェック問題の解答

(1) 学校

(2) 地方分権

(3) 条例

(4) 25

(5) 30

(6) 首長

(7) 25

(8) 直接請求権

(9) 3分の1

(10) 選挙管理委員会

(11) 地方税

(12) 地方交付税交付金

(13) 住民投票

(14) オンブズパーソン [オンブズマン]

(15) NPO

社会
スポンサーリンク
シェアする

コメント

テキストのコピーはできません。