▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試よく出る覚えておきたい日本国憲法の条文一覧

高校入試よく出る日本国憲法の条文ランキングベスト10です。

スポンサーリンク

高校入試よく出る日本国憲法の条文

【第1位】第9条(戦争の放棄・軍備及び交戦権の否認)

➊日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる歴争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
➋前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

【第2位】第54条(衆議院の解散・特別会・参議院の緊急集会)

➊衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならない。

【第3位】第67条(内閣総理大臣の指名、衆議院の優越)

➊内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。 この指名は、他のすべての案件に先だって、 これを行う。

【第4位】第69条 (内閣不信任決議の効果)

➊内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、 10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

【第5位】第76条(司法権・裁判所、特別裁判所の禁止、裁判官の独立)

➊すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。
➋特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。
➌すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

【第6位】第3条(天皇の国事行為に対する内閣の助言と承認)

天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言承認を必要とし、内閣が、その責任を負う。

【第7位】第96条(改正の手続き、その交付)

➊この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票におい て、その過半数の賛成を必要とする。

【第8位】第94条(地方公共団体の権能)

地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、法律の範囲内条例を制定することができる。

【第9位】第68条(国務大臣の任命及び罷免)

➊内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれな ければならない。
➋内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

【第10位】第6条(天皇の任命権)

➊天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
➋天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました