▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学理科「身近な生物のスケッチの仕方・観察レポートの書き方」

スポンサーリンク

中学理科「身近な生物のルーペ使い方・スケッチの仕方・観察レポートの書き方」です。

スポンサーリンク

身近な生物の観察の仕方

ルーペの使い方

ルーペの倍率は10倍程度。目に近づけて持ち、見たいものを前後に動かして、よく見える位置を探す。見たいものが動かせないときは、顔を前後にして、よく見える位置を探します。また、ルーペで太陽を見てはいけないです。

スケッチのしかた

スケッチは、見えるものをすべてかくのではなく、目的とするものだけを対象にして正確にかく。先を細くけずった鉛筆を使い、影をつけずに細部まではきりとあらわします。

レポートの書き方

レポートは、目的をもって書くことが大事。何を書くのは、なぜそれを調べようと思ったのかを書きます。

準備として、観察、実験に使うものをすべて書きます。

方法として、具体的にわかりやすく書きます。結果を図や表などを使ってわかりやすく書きます。考察も大事で、結果からわかること、考えたことを書きます。

まとめとして、失敗したこと、今後やってみたいことをなどをまとめてます。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました