▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試よく出る世界の工業に関する対策問題(頻出順)

高校入試よく出る世界の工業に関する対策問題(頻出順)です。

スポンサーリンク

高校入試よく出る世界の工業対策問題

次の(   )に適語を入れなさい。

【第1位】(   )…台湾・韓国・香港・シンガポール・ブラジル・メキシコなど、近年急速に工業化した国や地域。

【第2位】(   )…アメリカ合衆国・カナダ・メキシコの3カ国で貿易・投資の自由化を目指す協定。

【第3位】アメリカ合衆国の工業…世界最大の工業国。五大湖周辺の鉄鉱石と石炭を五大湖に結びつける。デトロイトの自動車、ピッツバーグの鉄鋼、シカゴの鉄鋼・機械・食品、ロサンゼルスの石油化学・電子・航空機械、ヒューストンの石油化学。宇宙産業は覚えておきましょう。(   )とは、ほぼ北緯37度より南の地域、広く安い土地、温暖な気候、豊富な労働力を背景に、先端産業が進出。

【第4位】ドイツの工業…ヨーロッパ最大の(   )工業地帯。ライン川の水運と付近の石炭を利用して発展。

【第5位】(   )湾岸の工業…世界最大の油田地帯。サウジアラビアは、石油輸出、埋蔵量ともに世界一。

【第6位】東南アジアの工業…安くて豊富な労働力、工業団地の造成、自由貿易地区を背景に、外国企業が進出し、工業化が発展。機械類の輸出国へ成長。(   )は、加盟10カ国の経済・政治での協力と相互援助。

【第7位】マレーシアの工業…(   )政策により、日本や韓国を手本に工業化を計画。

【第8位】中国の工業…沿岸部に5つの(   )特区。これは、外国から資金や技術を導入するためにつくられた地域。

【第9位】オーストラリアの工業…東部の石炭、西部の鉄鉱石は、日本に大量に輸出。(   )の産出は、世界一で、アルミニウムに加工して、日本に輸出。

【第10位】イギリスの工業…世界で最初の産業革命が行われ、「世界の工場」とかつて呼ばれる。(   )油田を開発し、石油輸出国へ成長。

高校入試よく出る世界の工業対策問題(解答)

【第1位】新興工業経済地域(NIES)

【第2位】北米自由貿易協定(NAFTA)

【第3位】サンベルト

【第4位】ルール

【第5位】ペルシャ

【第6位】東南アジア諸国連合(ASEAN)

【第7位】ルックイースト

【第8位】経済

【第9位】ボーキサイト

【第10位】北海

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました