▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試よく出る公民分野の記述問題ランキングベスト10

高校入試よく出る公民分野の記述問題ランキングベスト10

スポンサーリンク

高校入試よく出る公民分野の記述問題

下に解答があります。

【第1位】裁判所には違憲審査権があり、特に最高裁判所は「憲法の番人」と呼ばれている。このように呼ばれている理由を「判断」の語を使って書きなさい。

【第2位】議院内閣制とはどのような制度か。「信任」「連帯責任」の語句を使って答えよ。

【第3位】衆議院の優越が認められている理由を「任期」「解散」の語句を用いて説明しなさい。

【第4位】国会で衆議院と参議院の二院制が採用されている理由を「慎重」「抑制」という語句を使って簡潔に書け。

【第5位】島根県など地方都市が抱える問題を財源の観点から簡潔に述べよ。

【第6位】クレジットカードの支払いのしくみを「代金の支払い」という語句を使って簡潔に書け。

【第7位】商品の品不足は、需要量と供給量がどうなっている状態か、簡潔に述べよ。

【第8位】近年の日本の雇用状況を「雇用期間」という語句を使い、簡潔に書け。

【第9位】一般的に、賃金が上昇し、雇用が拡大すると、「消費」と「景気」はどうなるか簡潔に書け。

【第10位】現在の選挙制度についてどのような問題点が考えられるか、「一票の価値」という語句を用いて説明しなさい。

高校入試よく出る公民分野の記述問題【解答】

【第1位】違憲かどうかを最終的に判断する権限を持っているから。

【第2位】内閣は国会の信任に基づいて成立し、国会に対して連帯して責任を取る制度。

【第3位】衆議院は参議院よりも任期が短く解散もあるため、国民の意見や世論をより反映させやすいと考えられるから。

【第4位】どちらかの院の行き過ぎを抑制し、慎重に審議を行うため。

【第5位】自主財源である地方税による収入が少ないこと。

【第6位】代金の支払いを、後払いにすることができるしくみ

【第7位】需要量が増え、供給量を上回っている状態

【第8位】非正規雇用労働者が増加し、多くが雇用期間の定めがある。

【第9位】消費は増え、景気は回復する

【第10位】一つの選挙区の有権者数が多いほど一票の価値が低くなり、一票の価値に格差が生じている。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
ランキング
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました