▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学歴史「桃山文化の要点まとめ」

中学歴史「桃山文化の要点まとめ」です。

スポンサーリンク

桃山文化の特徴

織田信長と豊臣秀吉の時代の文化は秀吉晩年の居城の所在地にちなんで桃山文化と呼ばれている。壮大な城郭建築は、この時代の新興大名に富と権力象徴するものであった。

桃山文化の絵画

書院の襖・壁・屏風には金箔地に青・緑を彩色する濃絵の豪華な障壁が描かれた。狩野派では狩野永徳が水墨画と大和絵の融合に成功し、門人の狩野山楽と共に活躍した。水墨画では海来た友松や「松林図屏風」の長谷川等伯が有名である。

桃山文化の彫刻

彫刻では、仏像彫刻衰え、建物の内部などを飾る欄間彫刻が盛んとなった。

桃山文化の侘茶

堺の豪商であった千利休は、侘茶の様式を完成した。茶道は、諸大名の間でも流行した。

南蛮人の影響

南蛮人により伝えた西洋画の影響を受けて南蛮屏風が描かれた。また宣教師ヴァリニャー二の伝えた活字印刷術によって、キリンスタン版(天草版)の「平家物語」や「伊曽保物語」などの出版も行われた。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました