▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中1国語「森には魔法つかいがいるの定期テストでよく出る問題」

中1国語「森には魔法つかいがいるの定期テストでよく出る問題」です。

スポンサーリンク

森には魔法つかいがいるの定期テストでよく出る問題

教科書の「昭和三十年代から四十年代は工業優先の時代でした。~一九八九(平成元)年九月のことでした。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 工業廃水の垂れ流し、川の流域も開発も進んだ結果、しわ寄せはどこに集中したか、漢字2字で答えなさい。

問2 赤潮を起こすプランクトンのことを何というか。

問3 中学生の時に聞いた”森には魔法つかいがいる”という言葉を思い出して、何に気づきましたか、簡潔に書きなさい。

問4 「森と川と海は一つなのだ。」という価値観とありますが、どのような価値観か、簡潔に説明しなさい。

問5 「森と川と海は一つなのだ。」という価値観を共有しなければならないと思い筆者が取り組んだことは何ですか、その取り組みの名称を六字で書き抜きなさい。

森には魔法つかいがいるの定期テストでよく出る問題の解答

問1 河口

問2 渦鞭毛藻

問3 海ばかりでなく、森を見て考えなかればならないということ。

問4 森の状況が、川をつたって、海にも影響を与えるという価値観

問5 森は海の恋人

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
国語
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました