▶YouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中1国語「オオカミを見る目」要点まとめ

スポンサーリンク

中1国語「オオカミを見る目の要点まとめ」です。

スポンサーリンク

オオカミを見る目のポイント

オオカミを見る目は、「説明文」であり
序論(話題や問題の提示)
本論(根拠・具体例など)
結論(筆者の考えのまとめ)


の構成となっています。

オオカミについて

ヨーロッパでは、ヒツジを軸に牧畜してため、ヒツジを襲うオオカミは悪魔と見なされる。

日本では、稲作が盛んなので、稲を食べるイノシシやシカを殺してくれるオオカミは、敬われ、神のような存在。

現代の日本では、明治時代にオオカミの徹底的な撲滅作戦もあり、見方が変化。

オオカミの見方の変化

江戸時代の中頃、海外から入ってきた狂犬病の流行

狂犬病は、イヌ科の動物がかかりやすく、狂犬病にかかったオオカミは獰猛になり、人をよく襲う。

オオカミを忌まわしい動物とみなす。

オオカミを空くものにしたヨーロッパの童話「オオカミ少年」などで、ますますイメージ悪化。

オオカミは、害獣として駆除の対象

人の考えや行いは、置かれた社会の状況によって異なりもするし、また変化もしうるということ。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました