▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学理科「プラスチックの性質と種類の要点まとめ」

中学理科「プラスチックの性質と種類の要点まとめ」です。

スポンサーリンク

プラスチックとは

プラスチックとは、熱や圧力を加えることにより成形加工のできる、高分子物質のこと。プラスチックは、有機物に分類されます。

■ 有機物と無機物
有機物…加熱すると黒くこげて炭になったり、二酸化炭素を発生したりする物質。つまり、炭素をふくみ、燃やすと二酸化炭素ができます。紙、ろう、エタノール、木、砂糖、プラスチックなど。
無機物…有機物以外の物質で、ガラス、金属、水、酸素、食塩などです。

プラスチックの性質

プラスチックの性質は、

  • 燃えて二酸化炭素を発生する
  • 一般的に軽い
  • 割れにくい
  • さびない
  • くさりにくい
  • 電流を通しにくい
  • 加工しやすい

プラスチックの種類

<主なプラスチック>

  • ポリエチレン(PE)…水に浮き(軽い)、水や薬品に強いので、レジ袋などで利用。
  • ポリプロプレン(PP)…もっとも軽く、熱に強いので、弁当箱、ペットボトルなどに利用。
  • ポリ塩化ビニル(PVC)…燃えにくく、薬品につよい。水道管、電気コードで使用。
  • ポリスチレン(PS)…軽い発砲材料になる。食品トレイ、CDケースで使用。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)…透明な容器をつくりやすい。ペットボトルなどで使用。
  • アクリル樹脂(PMMA)…厚い透明な板をつくりやすい。水槽、照明器具のカバーで使用。

区別の仕方として、水への浮き沈みや加熱をして見分ける。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました