▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試よく出る歴史分野の記述問題対策(ランキング形式)

高校入試よく出る歴史分野の記述問題ランキングベスト10です。

スポンサーリンク

高校入試よく出る歴史分野の記述問題

下に解答があります。

【第1位】応仁の乱をきっかけに、下剋上の風潮が広がったが、下剋上とは、どのような風潮か簡潔に書け。

【第2位】世界恐慌を乗り切るため、イギリス、フランスは、ブロック経済政策を実施したが、そのブロック経済の政策について簡潔に説明せよ。

【第3位】日清戦争に勝利したのち、国民の間には、ロシアへの対抗心が高まった、その理由を「下関条約」、「三国干渉」という二つの語句を用いて、書きなさい。

【第4位】世界恐慌における日本の経済の対策について、「軍事費」と「重化学工業」という語句を使って、簡潔に書け。

【第5位】1925年普通選挙法と同じ年に定められた治安維持法で、政府が行ったことを「社会運動」の語句を使って書け。

【第6位】江戸幕府は、幕藩体制を確立させるため、大名をどのように従わせたか、簡潔に書け。

【第7位】産業革命がおこり、貧富の差の問題や労働問題が広がりました。労働問題については、どんな具体的に問題か、「人権」と「労働時間」の語句を使って簡潔に書け。

【第8位】墾田永年私財法が出された理由を、「人口」と「口分田」の語句を使って、簡潔に書け。

【第9位】1925年普通選挙法と同じ年に定められた治安維持法で、政府が行ったことを「社会運動」の語句を使って書け。

【第10位】日中戦争が長期化すると日本は、東南アジアに進出することで戦況を打開しようとしました。東南アジアに進出した理由を、「石油・鉄類などの資源」「輸入」の語句を使って書け。

高校入試よく出る歴史分野の記述問題【解答】

【第1位】実力ある者が、実力で上の身分の者に打ち勝つという風潮

【第2位】植民地との関係を深め、関税を高くして他の国の製品をしめ出す政策

【第3位】下関条約で獲得した遼東半島を三国干渉で返還させられたから。

【第4位】軍事費を増やして、軍需品の生産を促し、重化学工業を発展させた。

【第5位】治安維持法によって、社会運動を取り締まろうとした。

【第6位】武家諸法度や幕府のきまりを守らない大名に対して、とりつぶしや領地の削減を行った。

【第7位】人権を無視して、長時間働かせる問題

【第8位】人口が増加し、口分田が不足するようになったから。

【第9位】治安維持法によって、社会運動を取り締まろうとした。

【第10位】アメリカからの輸入にたよっていた石油や鉄類などの資源を、東南アジアで手に入れようとしたから。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました