▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学理科「酸素の性質・発生方法・判別方法」

中学理科「酸素の性質・発生方法・判別方法」です。

スポンサーリンク

酸素の性質

空気中にふくまれている酸素は、空気中に体積比で約20a%含まれている。

➊助然性がある
物質が燃えるのを助ける性質がある。空気中より酸素の割合が多い気体のなかでは、物質は空気中よりも激しく燃える。空気中では燃えない鉄線も酸素中では線香花火のように燃える。

➋水にはあまりとけない
20°Cで、水1cm3に0.03cm3しかとけない。水中で生きている生物は、このわずかにとけた酸素をとりこんで呼吸している。

酸素の発生方法

➊二酸化マンガンにオキシドール(過酸化水素水)を加える
二酸化マンガン(黒色、固体)には、オキシドール (過酸化水素水)が分解して酸素を発生するのを助けるはたらきがある。このようなはたらきをする物質を触媒という。

➋酸化銀を加熱する
酸化銀(黒色,固体)を加熱すると、酸化銀が分解して酸素が発生する。この製法は、おもに実験室で酸素を得るときに用いられる。

➌液体空気の分留
空気を冷却して液化させ、それにふくまれるさまざまな成分を、沸点のちがいによってとり出す。酸素を工業的に得るには、この方法が用いられている。

酸素の判別法

線香の火を近づけると炎をあげて激しく燃える。→酸素自体は燃えませんが、他の物質が燃えるのを助けるはたらき(助燃性)があります。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました