▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中1数学「正負の数の定期テストでよく出る問題」

中1数学「正負の数の定期テストでよく出る問題」です。

スポンサーリンク

正負の数の定期テストでよく出る問題

次の問いに答えなさい。
(1)(+4)-(+2)を計算しなさい。

(2)(+4)-(+4)を計算しなさい。

(3)(+2)-(+8)を計算しなさい。

(4)(+2)-(-1)を計算しなさい。

(5)(+8)-(-9)を計算しなさい。

正負の数の定期テストでよく出る問題の解答・解説

(1)2
減法とは、引き算のことですが、引き算は、符号を変えた数を足します。
(例)(-7)-(+8)=(-7)+(-8)=-15

(2)0

(3)-6

(4)3

(5)17

今後、計算の基本となるところですから、きっちりおさえておきたいところですが、減法(引き算)『なぜ、符号を変えた数を足せるのか?(なぜ、加法になおせるのか?)』その意味については、しっかり学校の先生や塾の先生に聞いてみましょう。

やり方より「なぜ?」が大事なところでもあります。減法が加法になおせる理由は、これから習う数学という世界の根本原理があります。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
数学
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました