▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校英文法「接続詞の要点まとめ」

高校英文法「接続詞」についてまとめています。接続詞には、等位接続詞・従位接続詞・相関接続詞・群接続詞とあります。それぞれみていきましょう。それでは、高校英文法「接続詞のまとめ」です。

スポンサーリンク

接続詞のまとめ

  • 等位接続詞…句や節を対等な関係で結ぶ接続詞です。and, but, or, forなどが代表的
  • 従位接続詞…主節と従属節を結ぶ働きをする接続詞のことです。主節とは文の中心となる主要な節で、従属節はその主節に対し名詞節、形容詞節、副詞節の働きを持って意味をつけます。
  • 相関接続詞…離れた語句が呼応しあって1つの接続詞のはたらきをします。
  • 群接続詞…2語以上で1つの接続詞のはたらきをするもの。

等位接続詞

  • Bread and butter is my favorite style.(バター付きパンが私の好きなスタイルだ。)
  • Go straight, and you will find the station.(まっすぐ行きなさい、そうすれば、駅につきますよ。)
  • Hurry up, or you will miss the last train.(急ぎなさい、そうでなければ終電に乗り遅れます。)
  • He studies not home but in the library.(彼は家でなく、図書館で勉強している。)
等位接続詞の慣用表現

  • 肯定文~, so + V + S 「~だ、SもまたVだ。」⇒He went there,so did I.(彼はそこへ行った。私もまた行った。)
  • 否定文~, neither (nor) + V + S 「~でない、SもまたVでない。」⇒She isn’t a
  • teacher, neither am I.(彼女は先生ではない。私もまた先生でない。)
  • ,for S+V ~ 「というのは、SがVだからだ。」⇒I don’t know where to go, for I am a stranger here.(どこへ行けばよいのかわからない。というのも、私はこの辺の地理がわからないからだ。)

従位接続詞

  • 【名詞節を導く】It is certain that she is honesty.(彼女が正直であるということは確かだ。)
  • 【名詞節を導く】Whether he is studying is doubtful.= It is doubtful whether he is studying.(彼が勉強しているかどうかは疑わしい。)
  • 【副詞節を導く】I take an umbrella with me when I go out.(私は外出するときには、傘を持っていく)

副詞節を導く慣用表現

  • while S+V (SがVする間に)= during + 名詞
  • while S+V (一方で、S+V)= whereas【whileより堅い】
  • once S +V (いったん、SがV すれば)
  • so that (in order that) A may (can, will) ~ (Aが~するように(するために))
  • so ~ that …, such ~ that… (とても~なので…)
  • lest A should ~ , for fear A should ~ 、 in case A (should) ~(Aが~しないように)
  • 否定語句 ~ but S+V…  (…することなしに~はない)⇒(~すれば必ず…)unless S+V(SがVでないかぎり)

相関接続詞

  • no sooner~ than …
  • hardly~ when (before) …
  • scarcely~ before(when) … (~ するやいなや… ~ するかしないかのうちに)
  • not only A but (also) B = B as well as A  (AだけでなくBも)
  • both A and B  (A とBの両方とも)
  • either A or B  (A とBの片方)
  • neither A nor B  (A とBのどちらとも~でない)
Hardly +had+ S+ p.p.~when+ S+過去形…

  • Hardly had he arrived here when it began to rain.(彼がここに到着するやいなや、雨が降り始めた。)

この構文は倒置構文なので、要注意です。(倒置形でない形もあります。)さらに、時制にも気をつけましょう。 前が過去完了形・後が過去形です。

群接続詞

  • by the time S+V (SがVするときまでに)
  • every (each) time S+V(SがVするたびに)
  • the moment, the instant S+V, as soon as S+V (SがVするやいなや)
  • now (that) S+V (今やSはVなので)
  • suppose (that) S+V provided (that)S+V = if S+V (もしSがVならば)
  • even if (though) S+V (たとえSがVでも)for all S+V (SがVにもかかわらず)
  • as long as S+V (SがV する限りでは)(⇒~でさえあれば= if only(例)as long as I live,
  • as far as S+V (SがV する限りでは)(⇒~ する範囲内では)(例)as far as I know,

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
英語
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました