▶YouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学社会「世界地理のまとめ問題」高校入試対策・学期末対策

スポンサーリンク

高校入試対策社会「世界地理のまとめ問題」です。

スポンサーリンク

世界地理のまとめ問題(高校入試対策)

(工業)
次の(   )に適語を入れなさい。

【1】(   )…台湾・韓国・香港・シンガポール・ブラジル・メキシコなど、近年急速に工業化した国や地域。

【2】(   )…アメリカ合衆国・カナダ・メキシコの3カ国で貿易・投資の自由化を目指す協定。

【3】アメリカ合衆国の工業…世界最大の工業国。五大湖周辺の鉄鉱石と石炭を五大湖に結びつける。デトロイトの自動車、ピッツバーグの鉄鋼、シカゴの鉄鋼・機械・食品、ロサンゼルスの石油化学・電子・航空機械、ヒューストンの石油化学。宇宙産業は覚えておきましょう。(   )とは、ほぼ北緯37度より南の地域、広く安い土地、温暖な気候、豊富な労働力を背景に、先端産業が進出。

【4】ドイツの工業…ヨーロッパ最大の(   )工業地帯。ライン川の水運と付近の石炭を利用して発展。

【5】(   )湾岸の工業…世界最大の油田地帯。サウジアラビアは、石油輸出、埋蔵量ともに世界一。

【6】東南アジアの工業…安くて豊富な労働力、工業団地の造成、自由貿易地区を背景に、外国企業が進出し、工業化が発展。機械類の輸出国へ成長。(   )は、加盟10カ国の経済・政治での協力と相互援助。

【7】マレーシアの工業…(   )政策により、日本や韓国を手本に工業化を計画。

【8】中国の工業…沿岸部に5つの(   )特区。これは、外国から資金や技術を導入するためにつくられた地域。

【9】オーストラリアの工業…東部の石炭、西部の鉄鉱石は、日本に大量に輸出。(   )の産出は、世界一で、アルミニウムに加工して、日本に輸出。

【10】イギリスの工業…世界で最初の産業革命が行われ、「世界の工場」とかつて呼ばれる。(   )油田を開発し、石油輸出国へ成長。

(農業)
次の各国の農業について述べた文の(   )に適語を入れなさい。

【1】アメリカ合衆国の農業…(   )の大規模な機械化農業、世界一の食料輸出国。五大湖周辺の酪農、南部の綿花、西部の牛の放牧は最低限おさえておこう。

【2】東南アジアの農業…緑の革命で、稲作が急速に発達し、収量が増加。(   )での天然ゴム、茶、コーヒー、アブラヤシ、バナナなどを栽培。

【3】地中海沿岸の農業…高温で乾燥地域で、(   )農業を行う。夏のオリーブ、ブドウ、コルクがしなどの栽培。温かく雨が多い冬は、小麦などの穀物の栽培。

【4】フランスの農業…国土の55%が農地で、EU第(   )位の農業国。小麦、どうもろこし、ワイン、酪製品の輸出国。

【5】中国の農業…、米・小麦の生産は世界一。(   )制を導入。東北・華北の畑作、華中・華南の稲作、西部の牧畜はおさえておこう。

【6】ドイツの農業…農作物の栽培と家畜(肉牛や豚)の飼育を組み合わせた(   )農業がさかん。

【7】オランダの農業…国土の4分の1が(   )で、酪農や園芸農業(草花の栽培)がさかん。

【8】ブラジルの農業…世界一の(   )の生産国。昨今は、農業の多角化で大豆、さとうきび、綿花も栽培。

【9】オーストラリアの農業…掘り抜き井戸で、(   )地を拡大し、世界有数の(   )国。肉類や小麦の輸出国。※(   )には同じ語句が入る。

【10】ギニア湾岸の農業…年中、高温多雨の気候で、(   )の世界一の産地。

(国名)
次の文を読んで、該当する国名を答えよ。

【1】サンベルトに、先端産業が進出。適地適作で、大規模な機械化農業。世界一の工業国であり、食糧輸出国。

【2】世界最大の人口。沿岸部に5つの経済特区で海外企業誘致。米・小麦の生産は世界一

【3】ヨーロッパ最大のルール工業地帯。また、農作物の栽培と家畜(肉牛や豚)の飼育の混合農業がさかん。

【4】オランダから独立。赤道を通過する国。天然ゴム・すずの産地。養殖えびを日本に輸出。

【5】イギリスから独立。世界2位の人口。ヒンドゥー教が多く、カースト制度が残る。ガンジス川上流で茶の栽培。

【6】南アメリカ大陸でもっとも面積の大きな国。北部にアマゾン川が流れ、世界最大の熱帯林地帯。ポルトガル語を公用語とし、日系人が多い。鉄鉱石の産地。世界一のコーヒーの生産国

【7】東部の石炭、西部の鉄鉱石。ボーキサイトの産出は、世界一で、アルミニウムに加工して、日本に輸出。世界有数の牧羊国で、肉類や小麦の輸出国。

【8】首都ロンドンの再確認で、ニュータウンの検察が進む。北海油田を開発し、石油輸出国へ成長。

【9】EU第一の農業国。小麦、どうもろこし、ワイン、酪製品の輸出国。工業では、航空機産業、自動車工業が発達。フランス文化は、世界に広がり、世界有数の観光立国。

【10】スラブ系の他に多くの民族を抱える多民族国家。シベリアにタイガ(針葉樹林帯)。南西部のウクライナから西シベリアに黒土地帯が広がり、小麦の大生産地。

世界地理のまとめ問題(高校入試対策)の解答

(工業)
【1】新興工業経済地域(NIES)

【2】北米自由貿易協定(NAFTA)

【3】サンベルト

【4】ルール

【5】ペルシャ

【6】東南アジア諸国連合(ASEAN)

【7】ルックイースト

【8】経済

【9】ボーキサイト

【10】北海

(農業)
赤字が解答
【1】アメリカ合衆国の農業…適地適作の大規模な機械化農業、世界一の食料輸出国。五大湖周辺の酪農、南部の綿花、西部の牛の放牧は最低限おさえておこう。

【2】東南アジアの農業…緑の革命で、稲作が急速に発達し、収量が増加。プランテーションでの天然ゴム、茶、コーヒー、アブラヤシ、バナナなどを栽培。

【3】地中海沿岸の農業…高温で乾燥地域で、地中海式農業を行う。夏のオリーブ、ブドウ、コルクがしなどの栽培。温かく雨が多い冬は、小麦などの穀物の栽培。

【4】フランスの農業…国土の55%が農地で、EU第一の農業国。小麦、どうもろこし、ワイン、酪製品の輸出国。

【5】中国の農業…、米・小麦の生産は世界一。生産責任制を導入。東北・華北の畑作、華中・華南の稲作、西部の牧畜はおさえておこう。

【6】ドイツの農業…農作物の栽培と家畜(肉牛や豚)の飼育を組み合わせた混合農業がさかん。

【7】オランダの農業…国土の4分の1がポルダー(干拓地)で、酪農や園芸農業(草花の栽培)がさかん。

【8】ブラジルの農業…世界一のコーヒーの生産国。昨今は、農業の多角化で大豆、さとうきび、綿花も栽培。

【9】オーストラリアの農業…掘り抜き井戸で、牧羊地を拡大し、世界有数の牧羊国。肉類や小麦の輸出国。

【10】ギニア湾岸の農業…年中、高温多雨の気候で、カカオの世界一の産地。

(国名)
【1】アメリカ合衆国…サンベルトに、先端産業が進出。適地適作で、大規模な機械化農業。世界一の工業国であり、食糧輸出国。

【2】中華人民共和国…世界最大の人口。沿岸部に5つの経済特区で海外企業誘致。米・小麦の生産は世界一

【3】ドイツ…ヨーロッパ最大のルール工業地帯。また、農作物の栽培と家畜(肉牛や豚)の飼育の混合農業がさかん。

【4】インドネシア…オランダから独立。赤道を通過する国。天然ゴム・すずの産地。養殖えびを日本に輸出。

【5】インド…イギリスから独立。世界2位の人口。ヒンドゥー教が多く、カースト制度が残る。ガンジス川上流で茶の栽培。

【6】ブラジル…南アメリカ大陸でもっとも面積の大きな国。北部にアマゾン川が流れ、世界最大の熱帯林地帯。ポルトガル語を公用語とし、日系人が多い。鉄鉱石の産地。世界一のコーヒーの生産国

【7】オーストラリア…東部の石炭、西部の鉄鉱石。ボーキサイトの産出は、世界一で、アルミニウムに加工して、日本に輸出。世界有数の牧羊国で、肉類や小麦の輸出国。

【8】イギリス…首都ロンドンの再確認で、ニュータウンの検察が進む。北海油田を開発し、石油輸出国へ成長。

【9】フランス…EU第一の農業国。小麦、どうもろこし、ワイン、酪製品の輸出国。工業では、航空機産業、自動車工業が発達。フランス文化は、世界に広がり、世界有数の観光立国。

【10】ロシア連邦…スラブ系の他に多くの民族を抱える多民族国家。シベリアにタイガ(針葉樹林帯)。南西部のウクライナから西シベリアに黒土地帯が広がり、小麦の大生産地。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました