▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中2社会「2学期中間テスト対策問題」よく出る問題編

スポンサーリンク

中2社会「2学期中間テスト対策問題」よく出る問題編です。
テスト範囲
(地理)世界から見た日本、九州地方、中国・四国地方
(歴史)江戸時代中・後期

スポンサーリンク

2学期中間テスト対策問題(中2社会)

【一】次の問いに答えなさい。
⑴ ねぶた祭りが行われる都市を,次のア~エから1つ選び,記号を書け。
ア 札幌  イ 仙台  ウ 徳島  エ 青森

⑵ 世界文化遺産及び自然遺産にあてはまらないものを,次のア~エから1つ選び,記号を書け。
ア 白神山地  イ 屋久島 ウ 姫路城  エ 釧路湿原

⑶ 沖縄には,かつて何という王国が栄えていたか。
⑷ 沖縄島の面積の約20%をしめる軍用地は,どこの国のものか。
⑸ 沖縄県で,亜熱帯の自然や伝統的な文化を生かして発展している産業は何か。

【二】次の問いに答えなさい。
⑴ 日本の国際航空網の拠点となっている空港を2つ書け。

⑵ 日本人の海外旅行先で最も多い国を,次のア~エから1つ選び,記号を書け。
ア フランス  イ イタリア  ウ 中国  エ アメリカ合衆国

⑶ 東京と福岡を結ぶ新幹線の路線名を書け。
⑷ トラックを利用して,戸口から戸口へ荷物を運ぶ輸送業を何というか。

【三】次の年表中を読んで、問いに答えなさい。

年代出来事
1716( ① )の享保の改革が始まる
1772田沼意次が老中となるA
1774杉田玄白らが「解体新書」を出版するB
1787( ② )の寛政の改革が始まる
1792ロシアの使節が根室に来航するC
1808間宮林蔵が樺太に探検するD
1841( ③ )の天保の改革が始まる

(1)年表中の➀~③にあてはまる人名をそれぞれ答えなさい。

(2)年表中のAの田沼意次が財政再建のために奨励した、商工業者の同業者 組合を何というか答えなさい。

(3)年表中のBをきっかけに、オランダ語で西洋の文化を学ぶ学問が発達した。この学問を何というか答えなさい。

(4)年表中のC以降、日本に接近する外国船が増えた。それに対し、幕府が1825年に出した法令答えなさい。

(5)年表中のDのころ、江戸を中心に栄えた町人文化を何というか答えなさい。

(6) 18世紀になると、多くの村が団結し、百姓一揆を起こした。からかさ連判状は一揆の際に書かれたものである。円形に署名した理由を簡潔に説明しなさい。

(7) 年表中の「享保の改革」、「寛政の改革」、「天保の改革」に共通することを次のア~ 工から1つ選びなさい。
ア倹約令を出した イ 長崎貿易を奨励した。 ウでかせぎを禁止した。 エ借金を帳消しにした。

(8) 19世紀始め、西洋の測量術を取り入れて、はじめて全国の沿岸を実際に測量し、日本全図をつくった人 物はだれか答えなさい。

(9) 歌川(安藤)広重とともに、風景画に優れた作品を残した 人物はだれか答えなさい。

2学期中間テスト対策問題(中2社会)の解答

【一】
(1)エ
(2)エ
(3)琉球王国
(4)アメリカ合衆国
(5)観光業

【二】
(1)成田国際空港/関西国際空港
(2)ウ
(3)東海道・山陽新幹線
(4)宅配便

【三】
(1)
①徳川吉宗
②松平定信
③水野忠邦
(2)株仲間
(3)蘭学
(4)外国船打払い令
(5)化政文化
(6)一揆の中心人物を分からなくするため
(7)ア
(8)伊能忠敬
(9)葛飾北斎

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
社会
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました