▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試作文「親友の作り方」

高校入試作文「親友の作り方」についての解答例です。

スポンサーリンク

「親友の作り方」についての解答例

私は筆者の述べる「親友」を作るためには、次に述べる二つの事が大切だと考える。
一つは、友達と本音で話す機会を増やすことである。なぜなら、筆者の考える「親友」は人間同士の不思議な化学変化であるヒューマンケミストリーによってできると考えており、お互いが自分の信条や本音を語ることでその化学変化は起こるものだと考えるからである。友達と本音で話す機会を増やすことでお互いの「自分の心」が把握できるようになり、友情関係を深めることができると考える。
二つは、できるだけ多くの人と話すようにすることである。筆者が述べていたように、「親友」を作ることはとても難しいことであり、ましてやそれを少ない交友関係の中から見つけ出すことはより難しい。より多くの人と話すことで、より多様な性格の人と触れ合うことになるため、同じ意識を持つ人を探す感度が高まることが期待できる。また、自分と考えが違う人とも話すことで自分自身の意識もより研ぎ澄まされ、変わることもあるかもしれない。
人と話す機会を増やすことで、かえって自分に悪影響を及ぼす友達ができてしまうかもしれないという意見も理解できるが、そのような失敗を踏まえることで、さらに人間関係の構築能力は深みを増し、「親友」を作る可能性は高まると考える。
これらの理由より、私の考える「親友」を作るためには、本音でのコミュニケーションと人と関わる機会を増やすことが大切であると考える。

「親友の作り方」についての考察

意見の羅列になっている印象です。論文を書く上で、最も大事なのは、「構成」です。論文を書き始める際は、与えられた時間の4分の1程度は時間を割いてもいいでしょう。緑の部分は、いいですね。反駁があることで、説得力が増しますね。

一般的な「構成」の例
(主張)~だ。
(理由・根拠)~だからだ。
(具体例)例えば~
(反駁)確かに~ 。しかし~
(まとめ)よって、~だ。
となります。

【アドバイス】
「具体例」や「反駁」が大事になります。今回は「具体例」について触れておきます。具体例を入れることで、意見の羅列を防ぐことができますし、論文にリズムを生むことができます。また、具体例は、自分の経験を織り込むことができるのであれば、そうしましょう。自分のことを知ってもらうチャンスでもあり、アピールできるポイントでもあります。(最後に、合格者の論文をつけているので、参考にしてみてください。)
YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
国語
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました