▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中学理科「太陽の要点まとめ」

スポンサーリンク

中学理科「太陽のポイント」です。

スポンサーリンク

太陽のすがた

太陽の表面のようすですが、高温の気体からできていて、光や熱を放射しています。直径は約240万キロメートルで地球の約109倍です。また、黒点があり、表面にある黒いシミのようなもので、周りより温度が低いため黒く見えます。

黒点と太陽の活動

黒点が多い時ほど、太陽の活動が活発で、地球では電波障害がおこったり、オーロラの活動が活発になったりします。一方で、黒点が少ない時ほど太陽の活動が弱く地球の寒冷化につながると考えられています。

黒点の観察

太陽の表面にはどのような特徴があるか調べる観察では、太陽投影板を取り付けた天体望遠鏡を使って太陽の像を記録紙に記録していきます。黒点が見えたらその位置と形を記録し、時間とともに太陽ははどのように動いたか確かめます。太陽は、地球の自転により西の方向へずれていきます。

  • 黒点が記録紙上を東から西へ移動をした。
    ⇒太陽は自転しているため
  • 黒点の形が周辺部では楕円形、中央部では円形に見えた。
    ⇒太陽が球形であることがわかる。
スポンサーリンク

太陽の日周運動

太陽は、朝、東からのぼり、しだいに高くなり、昼頃に南中します。その後、太陽はしだいに低くなり、夕方西に沈んでいきます。また、太陽の動く速さは一定です。

朝、東からのぼった太陽が昼ごろ南の空でもっとも高くなることを太陽の南中といいます。

南中しているときの太陽の高度。地平線からなんちゅうした太陽までの角度で示します。

太陽の観察・観測

太陽を観測するとき、太陽が大きな丸い天井を移動していくように見えます。この丸い天井が地平線の下にも続いていると考えたときの想像上の大きな球面を天球といいます。観測者の真上を天頂といいます。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました