▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

中3国語「二つのアザミの要点まとめ」

中3国語「二つのアザミの要点まとめ」です。

スポンサーリンク

二つのアザミのポイント

筆者は、「難しい表現」や「きらびやかな言葉」がないのに魅力を感じている、その上で、宮沢賢治が生み出した言葉の組み合わせが、筆者にとってが、想像したことさえなかったようなものであったと述べている。

個別には知っていた「すてき」と「背高」という単語の例。
この2つを組み合わせて、「すばらしく背の高いアザミ」の意味で使うことには、筆者にとって、想像したことさえなかった。

二つのアザミの要点

二つの薊(アザミ)とは、宮沢賢治と梶井基次郎の作品に登場する薊。これらの作品に触れることで、筆者は、「薊(アザミ)」という言葉に豊かなイメージを持つようになった。

この薊(アザミ)という言葉でなく、他の全ての言葉にも当てはまるのではないかとまとめている。

\ 問題を解いてみる /

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
国語
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました