▶おすすめYouTube勉強動画チャンネル【トイトク】

高校入試よく出る理科の記述問題対策問題(ランキング形式)

高校入試よく出る理科の記述問題ランキングベスト10です。

スポンサーリンク

高校入試よく出る理科の記述問題

解答は、下にあります。

【第1位】水溶液から結晶を得る方法として、水溶液を冷やすほかにどのような方法があるか、書きなさい。
【第2位】花火が開いて音が聞こえるまで、少し時間がかかるのはなぜか。
【第3位】被子植物の特徴を「子房」「胚珠」の語を用いて説明せよ。
【第4位】シジミは、示相化石の1つである。示相化石とはどんな化石か、説明せよ。
【第5位】炭酸水素ナトリウムの熱分解の実験で、試験管の口を少し下げて加熱するのはなぜか、理由を書け。
【第6位】マグネシウムリボンを燃焼させたとき、燃焼後に残った物質の質量をはかると、燃焼前のマグネシウムの質量よりも大きくなる。その理由を書け。
【第7位】ハ虫類の前あしや鳥類のつばさとヒトの腕などは、相同器官と呼ばれている。相同器官とはどんな器官か、説明せよ。
【第8位】柔毛のような突起がたくさんあると、物質の吸収の効率がよくなる。その理由を書け。
【第9位】ソラマメの根の細胞はどのような変化によってのびていくか、説明せよ。
【第10位】金星は、地球上では真夜中に観察することができない。その理由を「公転」の語句を使って書け。

高校入試よく出る理科の記述問題(解答)

【第1位】加熱して水を蒸発させる。
【第2位】音の伝わる速さは、光が進む速さよりも遅いため。
【第3位】胚珠が子房に包まれている花を咲かせる。
【第4位】地層が堆積した当時の自然環境がわかる化石。
【第5位】生じた液体(水)が、底の方へ流れるのを防ぐため。(➡液体が加熱している部分にふれると、試験管が割れる危険がある。)
【第6位】化合した酸素の分だけ、質量が大きくなるから。
【第7位】形やはたらきがちがっていても、もとは同じ器官であったもの。
【第8位】表面積が広くなり、物質との接触面積が広がるから。
【第9位】細胞分裂で、細胞数が増え、それらがもとの大きさに成長することによって根が伸びる。
【第10位】地球よりも太陽に近いところを公転しているから。

YouTubeでも学べるように、問題に対しての解説動画をアップしています。高校入試対策や定期テスト対策にご利用ください。特に数学などは動画の方が分かりやすい場合もありますよね。
理科
スポンサーリンク
トクココ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました